スタッフブログ

外壁の種類~木板張り編~

スタッフブログ 2017年1月20日

こんにちは!

今日も寒いですね、お昼ごろにも雪がパラパラしてましたね☃

防寒対策しっかりして、風邪には気をつけてお出かけしてくださいね。

 

 

ということで今日は、木板張りについてお話ししたいと思います。

板張り外壁は、日本の建造物で昔から使用されてきた外壁材です。

多くは、国産の杉やヒノキ、松などが使用されています。

しっかりと防腐耐水処理を施された板張り外壁には耐久性が高く、メンテナンス次第では50年を耐えると言われています。

メリットは、

・耐久性・断熱性が高い

・デザイン性が高い

・アクセントになる

 

木材なので耐久性が低いと思いますが、板張り外壁は腐りにく耐久性は高めです。

木ならではの粘り強さももっているので地震にも強く、外壁にはおすすめです。

※気候や直射日光のあたる部分での使用など、状況により痛みの度合いは違っていきます。

 

また、板張り外壁の一番の魅力は、年月が経つごとに出てくる木材独特の風合いです。

一般的な外壁は年月がたっても見た目は変わりませんが、板張りの場合は年月が経つごとに一層味わいが増していくのです。

これは板張りにしかだせない最大の特徴です。この経年変化を「劣化」とみるか「熟成」とみるかはお施主様の判断になりますが、長い年月を過ごした深い風合いは人工的に作られるものではないことは確かです。

板張りは天然の素材で作られているため、新築のときと同じ状態のまま維持することはほぼ不可能です。

見た目を施工した時のまま変えたくないのであれば、木の模様が加工された工業系外壁(サイディング)を選択するしかありません。

 

デメリットは、

・防火地域では基本的に施工不可能

・見た目が変化する

 

木材でできている板張り外壁は、基本的に防火性能は低いです。

地域によっては防火地域、準防火地域といった住宅密集地や市街地などでは、規制がかかり使用が難しい場所があります。

 

 

モデルハウスも一部板張りが施されていますよ!

ガルバリウムと板張りで少しモダンに見せていますよ!

ご興味のある方、ぜひぜひお立ち寄りください☺

事務所すぐ近く!徒歩1分!緑の外壁が目印!

MODEL HOUSE⌂ 岐阜市河渡3丁目102-4