スタッフブログ

ニッチについて

スタッフブログ 2017年9月27日

こんにちは

今日はニッチについて調べました。

ニッチとは、もともとは隙間やくぼみという意味で、建築では壁の一部を凹ませて飾り棚や収納にしたものを指します。

飾り棚を設置すると、壁面から数センチ~数十センチ出っ張りますが、ニッチは壁をくぼませて作るため出っ張りがほとんどなく、場所を取らずにちょっとしたスペースづくりができます。また、ニッチの中にミニダウンライトを入れることによって、何かを飾らなくてもニッチの存在だけで十分おしゃれ感がアップします。

デメリットとして、壁厚以上の奥行きは作れない,外壁面に接している壁や耐力壁には作れない,飾るものによっては地震対策が必要なものある などがあげられます。

奥行きが欲しいニッチを作るためにわざと壁の厚みを厚くすることもあります。場合によっては、通路幅が狭くなったり、壁を厚くすることによって圧迫感出たりということもあります。なので、作ろうとしているニッチの場所、壁の暑さ、そもそもここに作ってOKか?の確認も大切です。