月別アーカイブ

2017年 11月

大人ヴィンテージスタイル

事例 在来工法 施工事例 2017年11月24日

EF9Q0220

施工場所 本巣市

延べ面積 89.05㎡

大人ヴィンテージスタイル

空間に個性が生む、新しい住み心地とデザインが詰まった平屋のお家が完成しました。

 

住み心地とかっこよさの両方を取り入れるために

お施主様と一緒に時間をかけて作り上げました。

 

勾配天井が光と風の流れを生み、

平屋の開放感と奥行のある空間に仕上がっています。

続きを読む

よろず相談会ありがとうございました

スタッフブログ 2017年11月22日

11月18日に開催しました第8回住まいのよろず相談会inクリナップショールームに

お越しくださいましたお客様ありがとうございました(^^)/

 

少しでも住まいのお悩みが解消していただけたら幸いです☺

クリナップスタッフさんもありがとうございました!

 

また開催しますので今回来られなかった方も

次回ぜひぜひお待ちしております!!(^^)!!

 

ガルバリウム鋼板について

スタッフブログ 2017年11月21日

こんにちは

今日はガルバリウム鋼板について調べました。

ガリバリウム鋼板とは、鉄がベースの合金の板(鋼板)に金属メッキ加工を施したもののことです。このメッキのおかげでガルバリウム鋼板は金属なのにもかかわらず錆びにくいです。錆びにくさはトタンの数倍以上と言われています。また、ガルバリウム鋼板は金属製の外壁材としては寿命が長く、20~30年以上もつと言われています。ガルバリウム鋼板は非常に軽く、家の基礎部分に負担をかけにくいため地震に強いと言われています。

ガルバリウム鋼板は、非常にデリケートな材質なので、日々のメンテナンスが必要です。施工費が高くメンテナンス費用も高めです。板が薄いので、断熱材で十分に断熱する必要があります。

鼻隠しについて

スタッフブログ 2017年11月20日

こんにちは

今日は鼻隠しについてです。

鼻隠しとは、屋根の軒先に取り付けられている板材のことです。簡単にいうと、「雨樋を取り付けている板」「雨樋の裏側にある板」のことで、雨樋が取り付いている住宅は鼻隠しがあることになります。サイズは幅が20cm前後、厚みが2cm前後が多く、鼻隠しの役割はいくつかあります。

①屋根の下にある垂木の切り口を隠す為に取り付けられています。②鼻隠しは、雨樋の支持金具を取り付ける場所でもあり、雨樋の下地材の役割を果たしています。③雨水が屋根の内部にしみこむのを防ぎ、垂木や野地板の切り口が雨水により腐食するのを防いでくれています。④鼻隠しは屋根の耐風性も高めてくれます。

建築後20年以上経った戸建て住宅の鼻隠しは木材が多く、木材の上からモルタルを塗って仕上げる施工も良く行われています。最近では耐久性が高く不燃材である窯業製品やガルバリウム製品が主流です。

濡れ縁とウッドデッキの違いについて

スタッフブログ 2017年11月18日

こんにちは

今日は濡れ縁とウッドデッキにはどういう違いがあるのか調べてみました。

濡れ縁とは、文字通り、雨風を防ぐ雨戸など外壁がなく、雨ざらしの縁側なのでこの名前になったと言われています。

ウッドデッキとの違いとしてはかなり曖昧な部分があります。

簡単に言えば、和風住宅にあるのが濡れ縁、洋風住宅にあるのがウッドデッキといった回答が基本でしょうか。現在では和風モダンといった洋風と和風のミックスのような住宅もあるので洋風・和風の境界で呼び方をかえるのも曖昧になってきてしまっています。

使用シーンで考えると濡れ縁は腰掛ける形で使用することが多いです。ウッドデッキはイスやテーブルを置いてカフェスタイルで楽しむことが多いので広くスペースを取るのが特徴です。となると、住宅からの出幅が違うとリビングの延長として使用するか、ベンチのように使用するかといった違いがあるという説明が適切かもしれません。

1 2 3 4 5