スタッフブログ

リフォームについて

こんにちは

最近聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」とは何が違うのか、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いとかもしれません。「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてご紹介します。

一般に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築状態に戻すことを言います。「refom」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくすることを指します。マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

一方「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、プラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

2つの言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきていますが、2つの言葉の間には、主に「工事の規模」と「住まいの性能」の2つの違いがあります。