スタッフブログ

梁について

スタッフブログ 2017年11月4日

こんにちは

今日は梁が見える天井について調べました。

梁は上の階の床や屋根などを支えるための構造部材ですが、大半の住宅では天井をすっきりと見せるために、天井を張って上に見える構造部材を隠すことがほとんどです。しかし、天井を張らずに構造部材を見せたまま仕上げることもできます。天井の形はインテリアの雰囲気にも大きく影響するので、天井を張る張らないも含めて、しっかりと考える必要があります。

梁が見える天井ということはつまり、天井材を張らないということになるため、その分コストを抑えることができます。

天井を張らないことにより、梁のない部分では数十センチ、屋根部分の場合では高い所で数メートル高い天井になります。

室内で暖められた空気が上昇していくことを利用して、高い場所に開口を設けて効率的な自然換気をすることができますが、天井材を張らずに梁を見せたままにすることで、より高い位置に開口をあけることができます。

天井が高くなることにより、全体として明るい室内となることも大きなメリットの1つです。天井の高さと明るさが組み合わされることで解放感もより大きくなります。