スタッフブログ

玄関アプローチについて

スタッフブログ 2017年6月29日

こんにちは。

今日は玄関アプローチについて調べました。

玄関アプローチとは、玄関ポーチに続く道のような部分のことです。面している道路から玄関までの小径のようにくねくねとしたデザインさや、階段状のデザインにする人が多いです。業者に頼まず休日に自分で手作りする人が多いです。

玄関アプローチを作るとき、注意することは、、、、、

・デザイン

・プライバシー

玄関を開けたときに、外から家の中が見えてしまうと色々と気を遣ってしまうので、設計上可能であれば門扉や人が通る道の正面に玄関を置くのはできる限り避けます。ただ、どうしても家の設計上避けられない場合は、植栽や植え込み、目隠しなどでうまく見えないようにしてあげます。

・防犯

プライバシーやデザインなどの観点から、植栽などで目隠ししたいと言われる人も多いですが、防犯の観点から考えるとあまり人が隠れたりできるような死角を作りすぎてしまうと、泥棒から狙われやすい家になってしまいます。要所要所に適宜人感センサーLEDなどを設けたり、スポットライトを玄関側に設置することも効果的です。

・雨に濡れないように

雨の日に車に乗り降りする場合や、荷物を持っているときに濡れたりするのはできる限り避けたいものです。生活パターンを考えて、雨に濡れない導線づくりをすると良いです。

・水はけ

・つまずかないように

・使いやすさ

でした。

歳をとったり、子どもがいるときに使いやすいことを想定して玄関アプローチを作るなど将来の家族像を想定してデザインするのもポイントです。