スタッフブログ

ケーシングについて

スタッフブログ 2017年6月16日

こんにちは、横山です。

今日は、玄関の造作材の絵をうつしているときに疑問に思った、ケーシングについて調べました。

ケーシングとは、一般に包装、囲い、縁取り、額縁などを指し、住宅用語では、窓や室内ドアの枠のことを指します。窓や室内扉の開港枠には、「固定枠」と「ケーシング枠」の2タイプの納め方があり、日本では見た目がシンプルで材料も抑えられる「固定枠」が多用されています。「ケーシング枠」は正面から見ると二面(二段額縁形)に見え、クラシック調や重厚感を出す場合に用いられる枠納まりで、廻縁や幅木、および見切り材や階段笠木や手摺などと組み合わせて、インテリアを演出する場合に採用されることが多いです。

調べて、部分の図面もみましたが、わかったようなわからないような感じです。画像をみて、固定枠に比べて枠が1つ多いのかな?と感じがしました。あまり絵を描くのは好きではないですが、描いた方が覚えると思うので、どの部位がどういう名称なのか覚えていきたいと思います。