スタッフブログ

パッシブデザインの大切さ

スタッフブログ 2017年2月5日

こんにちわ。

本日は営業設計の渡邊が少し書かせていただきます

「栃井建設の家づくりセミナー①」

世の中には、いろいろな住宅(建築会社)がありますよね。

なぜ、これだけ多くの会社がいろいろな違った住宅を建てているのか??

それは、求められるお客様のニーズが違うからです。

最近では、ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)が多く取り上げられるようになりました。

そもそもZEHの考えかたは、「ネット・ゼロエネルギー」というところからもわかるように、自宅での使用する消費エネルギーを減らして残りの必要分を自家発電等で補い、ゼロにしようというものです。

ZEHに関する細かな説明は、また後日お話するとして、栃井建設が考える住宅計画は、このZEHが普及する以前から変わりません。

ここで述べたいのが、前半の部分、消費エネルギーを減らすというところです。

お客様からの要望は、「冬寒くない家」というのがこの岐阜という地域柄でもあるのでしょうか多いかと思います。

栃井建設が考える住宅それが「パッシブデザインを取り入れた冬寒くならない、夏暑くならない計画」です。

 

消費エネルギーを減らすためにどうすればいいか? = 寒くならない為にはどうしたらいいか?

ここで重要になるのがパッシブデザインなんです。

パッシブデザインとは、簡単に言うと、自然の風と光を最大限生かした住宅計画。

夏は太陽光を住宅に取り入れると暑くなる → だから取り込まない計画が必要です。

冬は太陽の熱を十分に取り入れて室温を上げましょう → 取り入れる計画をしましょう。

夏と冬で真逆の事をしなければなりませんので、そんなことできるの??とおもまれるかもしれませんが、それを実現することで、快適な冬寒くならない、夏暑くならない空間をご提供しているんです。

そして、この自然光を最大限利用することで、必要以上の機械的なエネルギー(エアコン)の使用を減らす。消費エネルギーを減らすということになるのです。

では、「栃井建設の家づくりセミナー②」で今回の続き、自然の風と光を最大限生かした住宅計画についてお話をしましょう。キーワードは『庇(ひさし)』です。