パッシブデザインについて

パッシブデザインについて

2

パッシブデザインとは、建物にとりいれられる自然エネルギーを最大限に生かし、人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

この最新トレンドを住宅設計に積極的に活用しているのが栃井建設です。

四季を通じて太陽の光があらゆる場所に降りそそぎ、窓を開ければどの部屋にも心地よい風が通り抜け、寒い冬の日でも、晴れていれば太陽の熱によって夜中まで暖かく、夏の暑い日でも土蔵の中にいるようなひんやりとした感覚が得られる住まい。

人がもっと快適に過ごせる自然に近い住環境づくりを栃井建設は目指しています。

 

 

1-13

夏涼しく、冬暖かい――四季を通じて気温の変化が大きい日本の母屋にとって、これは居住空間における快適性を大きく作用する要素です。

「今の時代はエアコンがあるのだから、これを使えばいいんじゃない?」―――という考えもあるでしょう。

しかし、まず建築的手法で気温や気候の変化に対応できるようにして、それでも不足するところは設備機器で補うというのが住宅設計の基本です。

もしこれをエアコンだけで解決しようとすると、光熱費はかさみ、電力消費量も増えて環境への負荷も大きくなりかねません。

こうした考えのもと、太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を最大限活用して快適な住まいづくりを行おうというのが「パッシブデザイン」の考え方です。

 

 

1-

1

 

1冬場はうれしい日照も、夏は暑さのもと。できるだけ遮りたいものです。その点で有効なのが庇や軒、そして庭の落葉樹です。私たちが暮らす日本では、夏至の太陽高度が約60~78度、冬の太陽高度は冬至で約30~40度です。そのため庇や軒を適度に出せば、夏の日照を防ぐことができ、冬は逆に室内に取り入れることができます。落葉樹も夏は葉を茂らせ冬は落として、同じ役割を果たします。冬に暖房で室内温度を高めても、窓ガラスや壁が冷えていると、そこから冷気が放射されます。同様に夏は、窓や壁、天井が熱せられていれば、そこから熱気が放射されます。いずれも「体感温度」に影響します。夏も冬も、日照を上手にコントロールすることが必要です。

 

2

3日本の多くの地域では夏は南北に風が抜けます。また、その地域の周囲の状況や地形によってその地域だけに吹く独特の風もあります。その土地にいつ、どんな風が吹くか、それをつかみ、住まいにその通り道をを確保すれば、暑い夏の間も風が抜ける住まいになり、エアコンに頼りきりになることはありません。では、どのように窓を配置すればいいか。窓はいくら大きなものを設けても、1つでは風を取り込むことはできません。入り口出口の2つがそろって、初めて風が抜けていくようになります。南の大きな窓から風を取り入れ、それを北側や高い部分から抜くのが基本です。

 

 

3

4太陽エネルギーは、光と熱として地上に降り注いでいます。太陽熱は「太陽熱温水器」などで給湯に生かすこともできますが、その熱をそのまま冬場の暖房に使うことができます。そのためには、大きな開口部をつくって日差しを取り込み、日が当たる床や壁には熱を貯めておくことが必要です。十分に温められた床や壁からは、日差しがなくなった夜もゆっくり放熱が行われ、住まい全体を長時間暖かく保ちます。人間が感じる体感温度はおよそ「気温+周囲の表面温度÷2」で求められます。つまり床や壁が暖かく保たれていると、熱放射により同じ気温でも暖かく感じ、またエアコンなどの設定温度が低くても同様の体感が得られ、快適に過ごすことができるのです。