月別アーカイブ

2017年 7月

犬走りについて

スタッフブログ 2017年7月19日

こんにちは。

今日は犬走りについて調べました。

犬走りとは、石や砂利やコンクリートなどでつくられる、外壁から外側に向けて建物を囲む細い外構部分を指します。犬が通るような細い幅で作られてきたことから、このような名前になったそうです。日本では古くから住まいだけでなく、お城の垣と堀の間のことを意味するなど、時代とともに少しずつ意味を変化させてきたようです。

犬走りの素材としては、和三土や石などが見られますが、玉砂利を用いている住まいも多く見受けられます。その大きなメリットは防犯性です。玉砂利の上を歩くと、「じゃりじゃり」という音が出てしまうので、泥棒としても歩きたくない場所となります。最近では、通常のものよりも大きな音が出る防犯用の砂利もあるので、住まいをより安全にしていきたい人にはおすすめです。

犬走りの役割は、雨水が土の地面に跳ね返り、建物の外壁や基礎部分を汚すのを防ぐことなので、タイルで作ることも可能です。他の素材に比べてタイルが魅力的な点は豊富な色やデザインです。砂利とは違い、その上を歩きやすいとこも利点となります。室内と屋外をつなぎ、タイルで外側を仕上げることで、外観の色合いや素材感と合わせるとともに、悪外に出入りしやすいつながりをもたらしています。また、構造的な関わりがないことから、DIYで作ることが可能です。そうすることで、プロに頼むよりも大幅にコストが抑えられます。

定期点検

スタッフブログ 2017年7月18日

こんにちは!3連休おわってしまいましたね、、、

みなさんどっかお出かけしましたか?

 

 

先日、三田洞にてN様邸の定期点検に行ってきました!

お引き渡してからの外構の工事だったのですが、すごくかっこよかったです!

IMG_1268

IMG_1267

やは家には木は必要が必要ですね!

 

いただきました

スタッフブログ 2017年7月15日

こんにちは!よねやまです!

 

今日午前中に打合せしていたお子さんからお手紙をいただきました)^o^(♡

現在打合せさせていただいているお客様のお子様からお手紙をいただきました。

お客様からいただいたお手紙、お絵かき。私嬉しいです。

 

うれしい(^.^)(>_<)ありがとうございます(^.^)

年中さんだけど字がお上手です、絵もお上手です。

疲れがふっとびます。スーしますね!!

 

 

またいただけるように頑張ります!!

 

 

 

 

安定しない天気

スタッフブログ 2017年7月14日

こんにちには、よねやまです

 

なかなか安定しないモヤっとした天気が続きますね。

今朝の雨すごかったですね、雷もすごいですね、

寝ぼけていたので夢だと思っていたのですが、現実だったのですね。

 

お隣の県の犬山城のしゃちほこさんも大変なことになっていますね。

 

 

早くスカッとした晴れた夏の空が見たいです☀(夏苦手ですけど)

上がり框について

スタッフブログ 2017年7月13日

こんにちは。

今日は日本のほとんどの住宅の玄関に見られる、上がり框について調べました。

上がり框(あがりがまち)とは、玄関で靴を脱いで跨ぐ段差の上端に水平に取り付けられる横木のことです。玄関を開けると、最初に見えてくる部分であること、また家の出入りの時に必ず踏む部分であることから、その見栄えだけでなく、しっかりとした耐久性のある素材が求められます。上がり框にこだわって、この部分だけ高級で高品質な木材を用いたり、木材以外で大理石などの石材を用いる人も多くいます。

上がり框は、玄関の段差の上の床の仕上げ材の端部を隠し、住まいの顔となる玄関をきれいに見せるという役割も果たしています。また、靴を脱いで最初に肌に触れる重要な部分でもあります。真っすぐな玄関の段差をイメージされる人も多いですが、家の柱や梁の直線的なデザインに対して、柔らかな曲線を描く上がり框で、家に入ってくる人をやさしく迎える雰囲気をつくり出すこともできます。

玄関の段差の高さが30cm以上になることもあります。通常の階段の段差よりも高くなると座ることは楽になりますが、上り下りには少し苦労すると思います。そんな時は、式台や沓脱石を設置すると楽になります。

玄関についてもう一つ知っておきたい部分として付け框があります。付け框は、玄関の段差の下となる土間とその周りの壁の仕上げ材の見切り材となる部分です。上がり框と同じ素材が用いられ、化粧材となることから厚みも上がり框よりも薄くなります。小さな部分ですが、玄関を飾る上でとても大切な部分になります。上がり框にケヤキの1枚を用いて、同時に付け框が玄関を回りながら包むことで、まとまりのある空間に仕上げられます。

 

1 2 3 4