スタッフブログ

スタッフブログ

ケーシングについて

スタッフブログ 2017年6月16日

こんにちは、横山です。

今日は、玄関の造作材の絵をうつしているときに疑問に思った、ケーシングについて調べました。

ケーシングとは、一般に包装、囲い、縁取り、額縁などを指し、住宅用語では、窓や室内ドアの枠のことを指します。窓や室内扉の開港枠には、「固定枠」と「ケーシング枠」の2タイプの納め方があり、日本では見た目がシンプルで材料も抑えられる「固定枠」が多用されています。「ケーシング枠」は正面から見ると二面(二段額縁形)に見え、クラシック調や重厚感を出す場合に用いられる枠納まりで、廻縁や幅木、および見切り材や階段笠木や手摺などと組み合わせて、インテリアを演出する場合に採用されることが多いです。

調べて、部分の図面もみましたが、わかったようなわからないような感じです。画像をみて、固定枠に比べて枠が1つ多いのかな?と感じがしました。あまり絵を描くのは好きではないですが、描いた方が覚えると思うので、どの部位がどういう名称なのか覚えていきたいと思います。

ねこちゃん

スタッフブログ 2017年6月15日

こんにちは、よねやまです

 

今回はわたしんちで飼っているねこちゃんたちについて紹介します。

IMG_9833

ねこ2+子ねこ5匹飼っています。

↑の写真が4月末に生まれたこねこちゃんたちです。かわいいです。

最近は走り回っていて物が散乱しています。。。

 

IMG_9919 IMG_9912 IMG_9913

 

写真をとって、それを見て癒してもらう、これが最近の日課になっています。笑

エコカラット

スタッフブログ 2017年6月14日

こんにちは、よねやまです

 

実は、家の90%は空気だそうです。

壁で空間をつくり人は空気の中で暮らしているのです。

 

心の安らぐ場所としてきれいな空気の中で暮らしたいものです。

 

そんなぴったしの商品がエコカラットです。

エコカラットとは、多孔質セラミックスが家の中の空気を吐いて吸って快適な湿度を保ちます。

気になるにおいや、有害物質を吸着・低減する役割をもっています。

 

またエコカラットは、「ホルムアルデヒド低減建材認定」を取得しています。

有害物質のホルムアルデヒドの高濃度ガスによるエコカラットの低減効果を図る試験を実施し

わずか一日で厚生労働省が定めたガイドラインをはるかに下回る低減効果が認められた商品なのです。

 

優れた性能のもつエコカラットはインテリアにいろいろな表情を作り上げてくれます!

ぜひ一度検討してみてください(^.^)

 

 

だんごだんご

スタッフブログ 2017年6月13日

こんにちは、よねやまです!!

 

現場監督の伊藤さんの娘さんが

某塾東海地区の泥だんご大会で見事1位をとったそうです(拍手)

IMG_0112

 

待って、すごくないですか?

もとは土なんですよ??土に色塗っているんですよ?!しかもツルツル(*_*)

 

 

どうやって作るんでしょうかね、不器用な私でも作れるかな、、、

パントリーについて

スタッフブログ 2017年6月12日

こんにちは、横山です。

今日は、大学生の時、パントリーとは、食料品貯蔵室か配膳室か意見がわかれたなー と、ふと思い出したので、パントリーについて調べました。

パントリーとは、キッチンの一部分にあるいはキッチンに隣接して設けられる収納の呼び名で、主に食品や飲料、調理器具をストックするためのスペース。と、「配膳室」を意味する言葉で、レストランなどではキッチンのホール側にある配膳台となるスペースのこと。と両方の意味がでてきました。今回は食料品貯蔵庫としてのパントリーについて調べます。

パントリーを設置する場所や大きさは様々です。

1.奥行きの浅いパントリー。キッチンの側に奥行きの浅いパントリーをつくるケースで、ウォークインのように人が出入りするような大型なパントリーでない限り、入れるものは細かいものが多くなりがちなので、奥行きが浅い収納の方が奥まで見渡せて使い勝手が良いです。

2.パントリーと収納を兼用する。一般家庭では、冷蔵庫1台分の食品ストックがあると言われています。しかし、家庭によって買い置きが多い家庭もあれば買い置きが少ない家庭もあります。パントリー前部に入れておくほど食品のストックがないという場合、上部を普通の収納として使うこともできます。

3.食品棚をパントリーにする方法。奥行きの浅いパントリーは食器棚や冷蔵庫の横につくることが多くあります。このようにパントリーをつくるかわりに、パントリーをつくらず、幅の広い食器棚をパントリー代わりにしてしまう方法もあります。

4.広いパントリー。スペースの一部をパントリーとして使うのではなく、パントリーとしてしっかりとした広いスペースを取る方法も人気があります。

5.ウォークスルーのパントリー。パントリーを通って移動できる、いわゆるウォークスルーのパントリーも人気です。例えば、「玄関→パントリー→キッチン」という動線にすると、買い物から帰ってきた時にまずはパントリーでストック品を置き、次にキッチンに行って冷蔵庫に食材を入れるという流れになります。パントリーに土間があれば、実家から野菜がよく送られてくるケースや自宅で家庭菜園をしているといった場合に、野菜置き場としても重宝することができます。ウォークスルーのパントリーは上手く使うと生活動線を便利にすることが可能です。

パントリーについて調べて、今までパントリーとしての部屋があり、中を歩けるというイメージだったので奥行きが浅いとか食器棚と兼用させるとかもパントリーの分類に入るということ が勉強になりました。ウォークスルータイプにして、玄関とキッチンの間に配置するというのはなるほどなー、、、と思いました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 33