スタッフブログ

スタッフブログ

N様!!

スタッフブログ 2017年11月8日

こんにちは!

 

長良のN様邸の現場におじゃましてきました☺

 

インテリア階段ついて、床養生もめくって、畳もはいってとうとうTHE家!!という感じになりました☺

IMG_4538

IMG_4541

IMG_4539

 

いろいろ心配なところがあったのですがよかったです(>_<)

現場監督の伊藤さんの細かなこだわりが多々ありました!素晴らしい!!

 

N様邸今月末お引き渡し予定です!

 

モールディングについて

スタッフブログ 2017年11月7日

こんにちは

今日はモールディングについて調べました。

建築でモールディングとは、細長い板状の装飾用造作材のことです。内装では、天井と壁の継ぎ目の廻縁や壁と床の継ぎ目の幅木、窓枠など外装では、屋根の端や軒天との見切り、納まり、粗隠しのために使用されます。木製や樹脂製が多いです。日本では幅木、廻縁といった呼ばれ方が主流です。

伝統的に無垢材や石膏を削って作っていましたが、プラスチックや木質材料でも作るようになりました。古くは、建築でも彫刻でも大理石などの石を彫って作っていました。

クラウン・モールディングを廻縁とも呼び、天井と壁の境目に用いるため、裏面が直角に交わる2つの面に接するようになっています。それ以外のものは裏面が平面であり、プレーン・モールディングと呼びます。

漆喰を使いモールディングを作る左官の技法を蛇腹引きと呼びます。なお、「繰形」には建具などの装飾用に用いるくりぬいた板という意味や寺社建築の組物の装飾という意味もあります。

土台伏せ

スタッフブログ 2017年11月6日

こんにちは

 

今日は河渡分譲地にて土台伏せがはじまりました。

土台伏せとは、基礎の上に建物の土台となる木材を据える工事です。

 

 

土台を敷き終わったら大引きの間に断熱材を隙間なく施工していきます。

 

 

断熱材を敷きつめたら、その上に構造用合板という分厚い合板を敷いていきます。

 

この土台伏せが終わったら、建て方という柱や梁などに金物を付けたり

土台周辺に足場を組むなどして準備を進めていきます!

梁について

スタッフブログ 2017年11月4日

こんにちは

今日は梁が見える天井について調べました。

梁は上の階の床や屋根などを支えるための構造部材ですが、大半の住宅では天井をすっきりと見せるために、天井を張って上に見える構造部材を隠すことがほとんどです。しかし、天井を張らずに構造部材を見せたまま仕上げることもできます。天井の形はインテリアの雰囲気にも大きく影響するので、天井を張る張らないも含めて、しっかりと考える必要があります。

梁が見える天井ということはつまり、天井材を張らないということになるため、その分コストを抑えることができます。

天井を張らないことにより、梁のない部分では数十センチ、屋根部分の場合では高い所で数メートル高い天井になります。

室内で暖められた空気が上昇していくことを利用して、高い場所に開口を設けて効率的な自然換気をすることができますが、天井材を張らずに梁を見せたままにすることで、より高い位置に開口をあけることができます。

天井が高くなることにより、全体として明るい室内となることも大きなメリットの1つです。天井の高さと明るさが組み合わされることで解放感もより大きくなります。

基礎検査しました

スタッフブログ 2017年11月2日

こんにちは~

 

今日は、河渡分譲地の基礎検査してきました!

IMG_4090

基礎検査をクリアしたことによって安全な家づくりの基礎ができます!!

 

1 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 105