下屋について

スタッフブログ 2017年12月12日

こんにちは

今日は下屋について調べました。

下屋とは母屋から張り出して作られた屋根のこと。もしくは母屋の屋根より一段下げた位置に張り出された片流れ屋根のことです。またはその屋根の下にある空間を指します。下屋の空間には、室外にある縁側や物入れ、トイレなどが設置されることが多いようです。

下屋をつけると、①外壁や窓に直接夏の日差しが当たらないので、室温の高温化が防止できるので、夏場、室内が涼しくなります。冬場は、日射角度が低いので日差しを遮ることなく、ちゃんと室内は暖められます。②屋根があるので、物入や自転車置き場、洗濯物干し場など空間を活用できます。③ちょっと物を取りに行くときや屋外を掃除するときなど雨天時でも身体が濡れることなくできます。

デメリットとしては、敷地境界線から下屋をはみ出すことは出来ないので、必然的に室内面積などの居住空間が狭くなります。下屋自体は、いわゆる屋根なので追加で屋根を付けることになるのでその分建築費が多くなります。母屋の外壁に差し込む形で下屋を付けるのが通常の施工方法で、外壁に穴開けすることになるので、雨漏りの危険度が上がります。

基礎検査~

スタッフブログ 2017年12月11日

こんにちは!

 

則武の現場にて基礎検査をしてきました。

 

最近現場にでることが多く、、、

 

レベルを据えれるようになってきました!

あとは早くササササ――とできるようになりたいです(._.)笑

明日は構造見学会~

スタッフブログ 2017年12月8日

こんにちは~

 

明日9.10日と岐阜市河渡にて

構造見学会を開催しています!(^^)/

 

1

 

ご連絡お待ちしております(^^)/

破風について

スタッフブログ 2017年12月7日

こんにちは

今日は破風について調べました。

破風とは、切妻屋根や入母屋屋根の端にある三角形の部分のことです。屋根の形状により、切妻破風、入母屋破風、唐破風など呼び名が異なります。

デザインによっては、建物の顔ともいえる破風。破風にはおおまかに分けて3つの役目があります。

①防風・防水。「風を破る板」とあるように、もともとは屋根裏へ風の侵入を防止するものでした。屋根は上から吹付ける風に対して強い耐性を持っていますが、下や横から吹き込む風に対しては意外と脆いです。破風板は屋根の中に下や横から風が入り込むのを防ぎ、激しい雨や台風の際の雨水の吹き込みも防止します。

②防火。破風板がなかったら、雨風が入ってしまうだけでなく火災時に火の手も回りやすくなってしまいます。住宅火災は下から上に延焼します。屋根裏は防火加工がされていないことが多いので、窓から炎が上がった場合に炎はあっという間に軒まで達し、屋根裏まで一気に延焼してしまいます。

③雨樋の下地。防風、防火としての役割が強かった破風板ですが、現在は雨樋の下地としての役割も果たしています。雨樋を設置する際、金具を打ち付ける下地となっています。

準備準備~

スタッフブログ 2017年12月6日

こんにちは!

 

今日いちだんと寒いですね!!!

そろそろ雪が降るんじゃないでしょうか(._.)☃

 

 

みなさん寒さ対策万全ですか?!

タイヤかえましたか??

予防接種うけましたか??

お鍋食べてますか??

 

暖かい恰好してお出かけしましょう(^^)/

 

そしてそして栃井建設では、17日のもちつき大会に向けて着々と準備を進めています。

みなさんの参加お待ちしております(^^)/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 66