明日は

スタッフブログ 2018年2月2日

こんにちは

 

明日は木曽川町でH様邸のお引き渡し式を執り行わさせていただきます。

 

お客様とたくさん悩んで考えてできた素敵なお家になりました!

 

この日を迎えれたことに感謝です!!

サイディングについて

スタッフブログ 2018年2月1日

こんにちは

今日はサイディングについて調べました。

サイディングとは、外壁素材の一種で、セメント質と繊維質を主な原料とした外装材で壁に貼って利用します。サイディングはサイディングボードともいわれ、板状になっています。

建物の骨格に合わせてサイディングボードを張り付けていくという具合で、貼りつけたサイディングボードをシーリング材でつないでいきます。

※シーリング材とは建物の防水性や気密性を保持するために継ぎ目や隙間に用いる材料。これが劣化すると雨水が壁の中に入り、劣化を加速させます。

サイディングはモルタルに比べ、施工時間が短く、火に強いです。材料費、工費が安く、軽量で耐久性も良いです。しかし、熱を吸収しやすく、コーキングの劣化が目立ちます。

サイディングの耐用年数はおよそ7~8年です。サイディングの基材は吸水性があり、防水機能は塗膜によって補っています。したがって、塗膜の劣化を放置すると雨などの影響により建物の構造に大きな影響を与えることもあります。

シーリングの劣化、サイディングボードの反り、チョーキング(触ると白い粉がつく状態。防水効果が切れたサイン)、ひび割れや剥がれなどの症状が出てきたら塗装などの修繕が必要です。

屋上緑化について

スタッフブログ 2018年1月31日

こんにちは

今日は屋上緑化について調べました。

屋上緑化とは、空きスペースとなっている屋上に植物を植え、屋上を「緑化」することです。

買い物客の憩いの場として、ショッピングセンターやデパートの屋上で目にすることが多いですが、一般家庭でも屋上緑化をすることが出来ます。屋上でガーデニングを楽しみたい方や屋上緑化のメリットを活かしたいという理由で、取り入れている家庭も増えてきています。

屋上緑化を行う目的として、

①ヒートアイランド現象の緩和

都心で問題となっている「ヒートアイランド現象」、屋上緑化は遮熱効果があるので、建物の熱負荷を低減させ、冷房量を減らす効果があります。

②建物の保護効果

紫外線や酸性雨や温度変化による「防水層」の劣化を防止します。

③省エネルギー効果

夏の温度上昇の軽減、冬の保温効果で省エネにつなげます。

④癒やしの効果

「緑」という色には、精神の安定だけでなく、ストレス解消・疲労回復の促進効果があると言われています。

⑤雨水流出の緩和効果

都市に頻繁に起こるようになったゲリラ豪雨などの水害の防止や、雨水流出の遅延や緩和につながります。

⑥空気の浄化効果

大気汚染が問題となっている都市。植物による空気清浄化を発揮します。

⑦防火・防熱効果

意外ですが、屋上緑化や壁面緑化、外構の緑化により延焼防止効果が期待できます。

⑧教育的効果

環境教育の場として活用できます。

⑨空間演出効果

⑩二酸化炭素削減効果

植物が光合成を行うことで二酸化炭素を酸素に変えることができます。

悩みます

スタッフブログ 2018年1月30日

こんにちは

 

わたしのお父さんが27日に誕生日を迎えました。

何歳になったのか存じていません、、笑

 

まだケーキもプレゼントもおディナーもまだなにもお祝いしていませんが、、、

 

なにプレゼントしたらいいのか毎回悩みます(゜゜)

ラッシュ

スタッフブログ 2018年1月29日

こんにちは

 

先日、専門学校時代の友だちや高校の時の友だちに会う機会がありました☺

 

24歳になると、結婚や妊娠などのおめでた話をよく聞くようになりました☺

聞くたびに幸せな気持ちになります(^^)/

同時にすこーーしだけさみしくなったり焦りを感じてしまう私がいます、、笑

 

来月から結婚式ラッシュが続いています!!

幸せをたくさんいただいていきます!!!!

 

 

1 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 113