畳について

スタッフブログ 未分類 2018年2月25日

こんにちは

今日は畳について調べました。

畳は基本として、芯材料としての畳床、表面ござ部分の畳表、そしてフチ部分の畳縁の構成となります。

畳は構造上、断熱性や保温性、また弾力性など様々な機能を備え持っています。畳表や畳床にはお部屋の空気を浄化する効果もあります。一畳一枚あたりで500ccからの水分や湿気を吸い取ることができ、そして乾燥した時期になると畳自身からその水分を放湿する循環の働きをしてくれています。湿気の調整をしてくれる日本風土にマッチした働きをしてくれます。また畳表の天然イグサには、二酸化炭素やチリ、埃を吸引する力も持っていて、その多くは害のない一酸化炭素に変わって空気中に戻してくれます。日本の風土で住まいにあった畳は、室内の空気を循環し調整してきれいにしてくれているのです。このように畳は日本の気候、風土にもっとも適し、い草の自然な香りや素朴な感触、包容力の大きさが寛ぎの場所を創り出してくれています。

畳の機能

・畳床は高い断熱性と保温性

・優れた吸放湿性で高温多湿な日本風土の住まいに最適

・弾力性と自然の色

・天然イグサの香りはリラックス効果抜群

・吸音や遮音の効果

 

照明つきました

スタッフブログ 2018年2月23日

こんにちは

 

則武の現場にて、照明器具がとりつけられました!

IMG_7610

IMG_7609

キッチンと寝室の写真です

 

寝室についている照明器具は、明りの向きを変えることができる優れものです

ちなみにオーデリックさんの商品です

 

お客様のご厚意により3月10・11日に完成見学会を予定しています!☺

詳しくは0120-520-523までお問合せください☺

お待ちしております☺☺☺

 

戸袋について

スタッフブログ 2018年2月22日

こんにちは

今日は戸袋について調べました。

戸袋とは、引き戸の扉が壁の中に収納されるように、壁が袋状につくられている部分を指します。そうした扉のタイプを「引き込み戸」と言います。

戸袋のある引き戸は、雨戸を収納する場所などとして古くから日本の建物で見かけられましたが、近年では雨戸を設置しなかったり、建物の洋式化で見かけることも少なくなりました。しかし、現在では大きな窓や室内扉をすっきりと収納するものとして、住まいの様々な場面に利用される重要なアイテムとなっています。

引き込み戸の一番の魅力とも言えるのが、戸を戸袋に収めた時のすっきりとした見た目です。壁の中に扉が隠されることで、扉が付いていないように一瞬思ってしまうほどすっきりとした扉周りとなります。また、大開口と相性が良く、大開口の窓をすべて戸袋に収めることで、大きな開口いっぱいに窓を開放することができ、住まいの開放感をより気持ちのいいものにしてくれます。

美容院リフォーム

スタッフブログ 2018年2月21日

こんにちは

 

北方の美容院のリフォーム完成に近づいてきました☺

IMG_7552

 

北欧風の内装に仕上がりました!☺

お客さんんとの打合せが楽しくて、あっという間でした。

 

明後日オープンです!

 

歯医者さん

スタッフブログ 2018年2月20日

こんにちは

 

年末から虫歯の治療をしているのですが、やっっっとあと1回で終わります!!(^^)/

 

初めての歯医者さんで毎回ドキドキソワソワしていたのがやっと終わります!

長い長い道のりでした、、、

 

よく痛い痛いと聞きくのですが、あんまり痛くなくて

お医者さんが上手な方でよかったです(__)

 

虫歯治療終わったら次が本番です!笑

それが一番怖くて心配です~(._.)

 

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 104